人生を劇場にしない

ヴァイオリン経験皆無の親が、迷走しながら長女を導く軌跡

コンクール

7月月報?

すでに月報と化しているブログです、こんにちは。 暑くてムシムシする日々、ご家庭におかれましてはいつもいない元気な若人が家にずっといて心理的気温を上昇させている日々、皆様いかがお過ごしでしょうか。普段どおり仕事に出ている私には特に影響がないと…

学び、生き……

「今年はなんだか、ポエミィな発表だね」 「あーそれ、縦読みだから」 「え? ……あ」 なんて会話が各家庭でもあったのではないかと勝手に推測しています。

拍手にみられる経年変化

朝ごはんを食べながら、姉妹に「何か曲をかける?」と聞いたのですが、「前前前世」とか「ピーピーエーピー」とか言うだろうなーと思ったら。 「シベリウス」「わたしはロンカプ」 ……うん、学コンに影響されすぎだね。

競争力とコンクール

師走です。世界中のカレンダーが一年で一番軽くなる一ヶ月です。 とか詩人っぽいことを書いておくと文章のお仕事が来るのではないかと勝手に思っているわけですが、世の中そんなに甘くないわけで。ほんのときおり「文章上手ですね。プロですか?」と言われる…

コンクール×3

何年ぶりでしょうか。カラオケで歌いました。1曲だけでとてつもない疲労感を感じたのですが、本気で歌ったときの娘たちの反応はというと……耳をふさいでた!! え、なに、聴くに耐えないってこと? と思ったら「うるさい」だそうで。歌は全力で歌わないと意…

コンクール、あるいはチャット

結局先日の日記に書いたとおりで、休日に気が抜けた私は体調を崩してしまい、日曜日は1日中ずっと寝ていました。そのせい(おかげ)で夜中に覚醒しています。 なぜ「おかげ」かといいますと、ヴィエニャフスキ国際コンクールをライブで聴けているからです。

夏の終わり

姉妹とも本日から学校です。「夏休み起床」に慣れてしまった二女はなかなか起きてこられず、長女が何度か「学校、遅れるよ!」と一生懸命に起こしていました。 夏が終わりましたね。湿気の少ない風が吹いてきて、せいせいしたような、寂しいような。新たなス…

全国大会曲と著作権

2016/9/25追記 全国大会での曲は「完全に自由曲」に変更されたようですね。なによりでした! 先日は学生音楽コンクールの予選でしたね。出演者のみなさん、お疲れ様でした。お子様を見守ってこられた親御さまがた、本当にお疲れ様でした。 おもしろいぐらい…

決断したこと

久しぶりにゲリラ豪雨でしたね。この時期になれば洗濯物がどんどん乾いていくと思っていたのに、部屋干ししなければならないことが多く、部屋がますます湿っぽい。 楽器に湿気は大敵だというのに! 日本に生まれた以上、高温多湿の夏ばかりは仕方ないですね。

猛省

えー、たいへん感慨深い経験をさせていただきました。今日は私信のようになってしまいますが、お許しください。 先日は皆様、大変お疲れ様でした。一日がこんなにも長いコンクールは初めてで、前半に飛ばしすぎたきらいのある長女は後半少々ぐったりしていま…

二女、有意義な予選

朝早くから、出かけてまいりましたコンクール予選。 基本的に予選で落ちる子はいないので、あまり気負う必要もないのですが、そんな裏の話を子に教えてやる必要はありません。プレッシャーと舞台の雰囲気に慣れてもらおうじゃないの。

二女のコンクール前夜

最近、姉妹で髪を切りました。基本的に伸ばしっぱなしだったので長かったのですが、やはりある程度のところで切りそろえてやらないと汚く見えてしまうので、ということで、夏だし、短くしちゃおうよ! 二女、いつもより軽い髪に気持ちも高揚しています。長女…

二女の今年の挑戦

樫本大進&小菅優&クラウディオ・ボルケス トリオのベートーヴェンがクラシック倶楽部で放送されていたので、聴きながら書いています。 ハッと手が止まってしまうことたびたび。さすが、世に知れた名にたがわぬ美しい音を鳴らす人たちですね。ここまで書く…

曲の分数制限

クラシックは「ずいぶんと古い音楽」という漠然とした理由から、なんとなく「何を弾いてもほとんどの著作権は切れている」と思いがちです。というか思っていました。さすがに多くの人が弾くような曲はそもそもが著作権フリーなのだろう、と。 しかし伏兵が。…

演奏会、友、出会い

長女、とうとうコンクールの入賞者披露演奏会に。たくさん練習して、たくさんお友だちも招待して、先生にもゴーサインをいただいて。あとはもう楽しむだけだね! ヴィエニャフスキの華麗なるポロネーズ、ひとまずの弾き納めとなる舞台。一発、かましてきてく…

そろそろ準備できた?

二女さんの漢字、書き順がめちゃくちゃなものがいくつかありました。急いで修正中。この人は勉強が大好きなのに、細かいところに行き届かないところがあります。 もちろんそれはまだ脳が未発達だからで、これからいくらでも修正がきくのですが、ふ、と将来の…

「弾く」という道

長女は先日ヴァイオリンのコンクールを入賞で終えることができました。それなりに自信になったでしょうし、今年最後の舞台をなんらかの形で結果を残せたこと、両親やピアノの先生から基本的には褒められたこと、そのあたりで安心していたようです。 が、ヴァ…

今年最後の舞台

クリスマスイブですね! みなさんどんなクリスマスをお過ごしになるのでしょうか。姉妹は、クリスマスツリーを自分たちで飾り付け、その下にサンタさんへのお手紙を据えてドキドキしながら一晩を過ごすということを毎年繰り返しています。 徐々におねだりの…

直前レッスン

今回初参加のコンクールに向けて、最後のレッスンがありました。 毎回先生が注意なさることは一緒で、そこが直らないとそうそう上位は狙えないだろうと思っていたぶん、意識が修正に向かわない長女に若干のいらだちを覚えます。こんな調子で大丈夫なのかな………

二女とピアノ

娘たちの音楽会が土曜日にあったので、月曜は振替休日でした。その音楽会について長女が言うには、実はピアノ伴奏に立候補することも可能だったそうです。でも「コンクールとか発表会とか続くからー、受けちゃうと譜読みしたり大変だしー」ということで鉄琴…

コンクールは相対的評価しかできない

姉妹の喧嘩がとても増えています。二女の口が達者になってきた上、言葉の使い方が乱暴なため、長女もカチンとくる様子。長女も長女で男の子っぽいところがありますから、売られた喧嘩は全力で買ってしまう。 するともう、阿鼻叫喚の世界。ずーっとずーーーっ…

二女、ピアノ本選に挑戦

二女さん、ピアノコンクールの本選に挑んでまいりました。 演奏曲はジェルジのソナチネ全楽章。今までの二女さんから比べてみれば、このコンクールに向けて練習したぶん、そうとうタッチやら指まわりやらが向上いたしました。それだけですでに成果は出ていま…

こっそり聴きに行った本選

学生音楽コンクール東京本選から一週間が経ちました。全国大会に進出なさったみなさんは今ごろ自由曲を一生懸命仕上げているのではないかと思います。 私が学生音楽コンクールの存在を意識しだしたのは昨年からで、それまではどれだけ権威のあるものかもよく…

身内の評価、先生の評価

コンクールから明けて我が家にも日常が戻ってまいりました。さすがにもう発表会も含めたら本番は山ほどこなしてきているので、平常心の取り戻し方も慣れたものです。 ……咳が治らないけどね!

2つ目のコンクール本選

長女、コンクールの本選にチャレンジしてまいりました。 朝起きてからというもの、長女の咳が本格的にひどくなってきていて心配です。でもなぜかテンションは高め。元気があるのはなによりです。 慌てたくないのでいつもよりも15分ほどはやめに準備を終え…

先生のご指導

長女が演奏した全国大会の映像を、即日先生にお送りしました。とても律儀で熱心な方なので、お忙しい合間を縫ってご感想をくださいます。それに甘えて、毎度動画をお送りしている我が家なのでした。 今回の結果についてはとても喜んでくださったうえで、 ・…

華麗なる全国大会

長女、某コンクールの全国大会に出場いたしました。 今回は2年生になってはじめての大会。カテゴリーは低学年のみ、1~3年生20数名参加されていました。冬は約30名参加していましたから、少ないほうですね。これは毎年の傾向なのか、それとも今年だけ…

M先生のレッスン

サントリーホールで行われる学コン東京本選のチケットをネット決済で購入したところ、こんなものが送られてきました。 わーい!\(^o^)/ さて。 長女、コンクールにて伴奏してくださるM先生のお宅に、伴奏あわせでお伺いしました。ヴァイオリンの先生はい…

新しい先生との伴奏あわせ

長女は、今年度にヴァイオリンのコンクールを2つ受けます。片方の予選は終わり、もう片方は本選まで終わっています。後者のコンクールは全国大会で初めてお願いする伴奏の先生に弾いていただくことなっており、今回、その先生との伴奏あわせがあったのです…

伸び悩み長女

『華麗なるポロネーズ』の演奏が楽しくなりません。コンクール本選で弾いたときからまだ一度もレッスンを受けていないのですが、自分なりに一生懸命考えているとはいえ、聴いているこちらからすると、どんどんつまらない演奏になっているように感じます。 気…

先生のダメ出し

夏休みが終わりますね。お子様のいらっしゃるご家庭では、お母様方の負担がとてつもなかったと思います。それこそ男親の私には想像もつかないくらいの。それも今日までです。お疲れ様でした。 さて。先日の続きです。 我が家では、コンクールの演奏を先生に…

体調不良から華麗なる本選通過

コンクール本選がありました。ちゃんと早めに寝かしたし、翌日の準備は完璧に整えておいたし、一点の曇りもなく就寝したのですが……。 当日現地について長女が「おなかがいたい。気持ち悪い」と顔を真っ青にして言います。ひとまずドレスに着替えて、トイレに…

大好きな先生との伴奏あわせ

長女が節目ごとにお世話になっている伴奏の先生がいらっしゃいます。お教室におっきなフルコンサートグランドがあり、いつもニコニコとやさしい方です。お師匠が「長年信用してきた伴奏者」と太鼓判を押してくださった方でもあります。 長女がとてもなついて…

ピアノのコンクール予選

二女のピアノコンクールの予選がありました。全国から山ほど上手い子たちが集まるコンクールですので、予選会場の場所も回数も桁違いに多い。そのなかでも我が家からそれほど離れていない会場を選び、二女の体力温存を狙いました。 曲目はクレメンティのソナ…

二女、コンクール前日

長女、ヴァイオリンの伴奏あわせがありました。……が。今回私は同行せず。なぜならば……。翌日に二女のピアノのコンクールが待ち受けているからです! さ、練習練習! ピアノのレッスンは平日に行われます。そうなると私は見ることが出来ないため、どうしても…

予選通過

本ブログにコメントくださった方から、「送信できなかった」という報告を何度かいただいております。利用させてもらっている『はてなブログ』は管理機能がやや重いので、処理が落ちて送信に失敗する、なんてこともあるかもしれません。ご迷惑をおかけしてお…

長女・デス・シュトルム

長女、門下の弾き合い会がありました。全体の感想をだいぶ省略して書きますが、みなさんすごいです。年始の発表会以来久しぶりに演奏を聴く子もいて、その成長振りがまたすさまじく。 焦るなと言われても焦るわ、こんなの。 特に学コンを目指す子たちはそれ…

エントリー完了

姉妹ともにコンクールのエントリー完了いたしました。あーあ、申し込んじゃった。もうやるしかない。長女はこれで三回目ですからなれたものですが、問題は二女。やる気があるのかないのか本当にわかりづらい人で、どうしたものかと毎回頭がいたい。 ちょっと…

コンクールの功罪

エリザベート王妃国際コンクール、決勝の毛利さんの演奏が終わりました。シベリウスはもうずっと弾いてきた曲ですから、堂々たるものでしたが、ミカエル・ジャレルの現代曲はなんだかもう難しいのなんの。電波障害のようなフラジオの連続、尺八のようなフラ…

学コン課題曲が決定

昨日の朝11時に何度F5キーを叩いたことか。ビバ!おけいこヴァイオリンにて69回目となる全日本学生音楽コンクールの課題曲発表の速報が行われていたのです。「開封の儀とかいいから!」とヤキモキしながら見ていた方は私だけではないはず(個人的にああ…

演奏、交流、そして結果

長女、とうとう就学後初のコンクール全国大会に出場いたしました。昨年の夏から『前奏曲とアレグロ』の譜読みをはじめ、先生が替わり、生活も一変した私たちにとって、まずは第一の試練です。結果はもちろん気になりますが、こういう場でどこまで練習でやっ…

まったく恥ずかしくない

長女、コンクール前日にレッスンがありました。伴奏の先生もいらっしゃるので、前奏曲とアレグロ(クライスラー)だけを練習してきてね、と前もって言われておりました。 そんなわけで悔いの残る本選から二週間がたち、残すは全国大会のみです。先生は長女が…

音程はありますか?

次々と各地のコンクール結果が発表されていきますね。この季節は本当に多いからどんどん新しいスターが生まれていくんだなあ。さて。長女、ヴァイオリンのレッスンがありました。 ヴァイオリンのレッスンというものは、先生と生徒の間に共通で「これをやって…

音程ラプソディ

「音程が高い!」 「高くないよ!」 「高いよ何いってんの!!」 「あってるもん!!!」 と埒の明かないケンカが多い昨今。頭の中にある間違った音程を追い出し、正しい音程を植えつける作業がとにかく必要で、そのためには正しい音程の演奏を聴き、間違っ…

激励の仕方

本ブログを書くようになってからというもの、時折まだお会いしたことの無い方から激励のお言葉をいただくことがあります。本当にありがたく、その一言一言をかみ締めながら(主に自分を)鼓舞して顔を上げています。 特に、人生においても、子育てにおいても…

悔いの残る本選

長女、コンクール本選で弾いてまいりました! 親の欲目か、とてもよく弾けていたと思います。点数はついて来ませんでしたが、情感たっぷりに表現したと思うのです。 入賞はありませんでしたが、一応、本選突破。全国大会に向けて、本日の反省点をさらいます…

本番前の仕上げ

アクセス解析を見ていたら「Feedly」というサイトからここを読んでくださっている方がいらっしゃいました。「Feedlyって何?」と調べてみると、どうやらRSSアグリゲータらしいことが判明。使ってみたらまあ便利なこと。今までブログ村の更新情報を利用してい…

最終調整!

長女のレッスンが終わった後、実はヴァイオリンの調整をしていただくお約束をしておりました。ヴァイオリンをお預けして近くの喫茶店でデザートなんか食べながら時間をつぶし、再度お教室に伺います。 「もう、これ以上ないというくらい調整しました」 そう…

学習中の曲は、お友だちに聴いてもらうもの?

もしもです。 もしもある日突然、お友だちのお母さんにこういわれたら、みなさんだったらどう答えますか? 「長女ちゃんのヴァイオリンのコンクール、聴きにいってもいい?」 妻は、とても渋りました。「コンクールって親も本人もバタバタするし、発表会と…

次の勝負曲は……これだっ!

長女のヴァイオリンのレッスンがありました。 長女、いそいそとパガニーニの16番を開き、サラサラッと弾き始めます。出だしの部分はうんうんとうなずいていた先生でしたが、右ページに入ったとたんにもつれる演奏に苦笑いしながら「最初はよかったのに。後…