人生を劇場にしない

ヴァイオリン経験皆無の親が、迷走しながら長女を導く軌跡

ヴァイオリン

“ちゃん”は失礼ね

レッスンが終わってから、そのまま私と長女だけでそのままお出かけ。横浜はみなとみらいホールまでコンサートに。年始にお世話になったヴァイオリニストの先生がとある有名オケと協演されるということで、聴きに行こうとなったのでした。 激しいレッスンのあ…

体力勝負

ピアノの新しい教本を買うために有名な楽譜屋さんに顔を出したのですが、ヴュータンの4番は売り切れだそうです。Amazonでも次の入荷はいつになるかわからないし、困ったものです。 長女、ヴァイオリンのレッスンがありました。

楽譜を怖がらない利点

Windows10にしてやられました。 強制インストールされるまで放置していたのが悪いといえば悪いのですが、悪徳業者のようにわかりづらい仕様にしておいて、ある日を境に強制執行って、ちょっとひどくないですかね。インフラを握った側はこうやって恨まれる…

勇気ある演奏

姉妹の宿題を見ていると、愕然とすることがあります。漢字の書き取りをしている長女の書き順をみていて「それ、間違いだよ」と指摘し、正しい書き順を見せようとネットで検索したら……長女の書き方が正しかった! え、いつ変わったの!? インターネットのヤ…

音程を高めにとる

長女が弾いているパガニーニのコンチェルトの参考映像を探すことが多い昨今なのですが、やはりどうしても諏訪内晶子さんと庄司紗矢香さんの10代のころのものを見てしまいます。

へばるほど弾くレッスン

長女、ヴァイオリンのレッスンがありました。 先週は本番前の短いレッスンだったためスケールも何も聴いていただけなかったので、持ち越しのカールフレッシュA durから。

どんな意識で弾いているの?

長女は舞台が終わったあと、必ずのように気が抜ける時期がきます。別にさぼっているわけでも情熱をなくしたわけでもないみたいなのですが、ただとにかく弾いているだけ、という時間が多くなってきている。 彼女はいまだに弓を倒す(毛を少なく使う)癖があり…

演奏会、友、出会い

長女、とうとうコンクールの入賞者披露演奏会に。たくさん練習して、たくさんお友だちも招待して、先生にもゴーサインをいただいて。あとはもう楽しむだけだね! ヴィエニャフスキの華麗なるポロネーズ、ひとまずの弾き納めとなる舞台。一発、かましてきてく…

あっというまにおしまい

長女、レッスンがありました。 翌日が本番という切羽詰まった日。先週のレッスンでボロボロにダメ出しされた華麗なるポロネーズを、どこまでブラッシュアップできるかに注力して日々の練習を過ごしてきた長女。さて結果やいかに。

お客さんいっぱい

日々、ポロネーズをさらっている長女です。何度弾いても何度弾いてもまともな演奏にならず、家族して頭を抱えています。音程とかテクニックとか、いまさらそこまでベースアップできるものでもありませんし、今先生に求められているのはそういうことではない…

涙のポロネーズ

レッスンがありました。 いつものようなスケールから始まるレッスンではなく、伴奏あわせがメインのレッスンです。ですから、いきなりポロネーズから弾きました。

華麗なる集大成に向けて

無~意~味~に~分~身~するよね~♪ 超はまっています。大好き。いくつパロディの元ネタを見つけられるかが楽しいです。

何が難しいのか

長女、ヴァイオリンのレッスンがありました。 パガニーニもスケールも見ていただきましたし、相当細かくあちらこちらに修正が入りましたが、それはいつものこと。それよりも今回もっとも肝になったのは。 そう、バッハのルール(Loure)です。

長女の意識

先日は家族の風邪が私にも巡ってきたのか、頭痛と全身の関節痛でとてもだるく、何もすることなく早々に寝てしまいました。風邪なのか疲れなのか何なのか。 皆さまもご自愛くださいませ。

あくまでも遊びではありますが

コンチェルトを練習していると、いつかはオーケストラをバックに弾いてみたいものだと思うもの。本当に弾けてしまうのは大富豪か大天才か、もしくはその両方か。うちの子はいつになったら……なんて思うこともありますが、もしかして、もしかしたら、と望みを…

拍取りが難しいので

昼間暑いかと思うと、夜は寒くなったりと、着るものに困る日々ですね。こういう時期いちばん風邪をひきやすいので、みなさまご自愛くださいませ。 そんな寒い夜のなか、サッカー日本代表の岡崎が所属するレスターシティがとんでもないことをやってのけそうで…

プレリュード合格

長女、ヴァイオリンのレッスンがありました。 いつものようにスケールb mollから。先週、10度の精度をもう少し上げるようにと課題をいただいていたので、長女もかなりがんばっていきました。やはりこの調の10度は難しいらしく、なかなかうまくピタ…

70回学コン課題曲の所感

熊本の地震、心配ですね。昨晩もたったの20分の間に6強、5強、6弱と警報が鳴り続けました。録画のサッカーの試合を見ていたのですが、突然中止になって番組が切り替わってしまいました。私にも熊本にお世話になった方がいらっしゃいます。今のところご…

初顔合わせ

朋ある遠方より来たるや、また楽しからずや。 そんなわけで、本ブログにてお近づきになれたご家族と、初めてお会いすることができました。長女と同い年のお嬢様がいらっしゃり、以前イギリスにおける教育事情をお話くださった方です。

「なかなかいいね」が終わらない

長女、ヴァイオリンのレッスンがありました。いつもは朝一番に近い時間にレッスンに伺っていたのですが、この日はなんでだったか忘れましたが日も暮れそうな夕方でした。起きてからレッスンまでたっぷり練習したのですが、疲れが出るかそれとも弾き込みの成…

ケースを背負っていればお仲間

コンクール入賞やらテレビ出演やら、周囲に華やかな話題が溢れていて、本当に春だなあなんて思います。きょうだい弟子さんたちのお名前もあちらこちらで見かけるので、その都度長女に伝えてやると、「ほんと! やったー!」と我がことのように喜んでいて、な…

指板の長さ

ヴァイオリンには個体差があります。同じ3/4だからといってすべてがおなじ大きさではないのは周知のこと。「大きめの3/4」とか「小さめのフルサイズ」とか、いろんな言い方があるようで。 目利きの方はヴァイオリンの顔を見ただけでどこの国のものかわ…

曲に合格をいただくまでの道

せっかくの満開にも関わらず肌寒い日々が続きますね。青い空に薄桃色の桜を楽しみにしていた方たちにとって、この2日間は少し残念だったのではないでしょうか。 そんな中長女の目下の悩みは「楽器が鳴らなくなることが多い」ということみたいです。先生の調…

バッハな日

長女、ヴァイオリンのレッスンがありました。 H durのスケールから聴いていただき、細かい部分ではいろいろとあるけど「まあいいでしょう」と合格をいただきました。先週残したa mollの9番も聴いていただき合格。よく練習しているね、と褒められて…

ヴァイオリン帰還

姉妹はいつも仲良しで、ケタケタと大笑いしながらなんでも一緒に遊んでいます。 お風呂なんて放っておくと、1時間くらいずーっと浸かっています。その間にケンカすることもありますが、だいたい大笑いしながら一緒に入っています。で、湯船から父母を呼び出…

ズルしちゃだめだよー?

長女、ヴァイオリンのレッスンがありました。 とその前に。例のマスタークラスで撮影した映像を見ていただいたところ、先生からご講評が。「マスタークラスに出かける前の演奏も良かったけど、この映像もなかなかいいね。見せてもらった映像の中では一番よく…

マスタークラス修了コンサート

2日間の濃い時間を過ごし、少し成長できた気がする長女。やはり見てくださった方たちから少しずつパワーをいただいているんだろうな。 世界を相手にしている方から生まれるオーラとか、言葉の端々から見えてくる練習量とか、自然に醸し出す雰囲気を子どもな…

マスタークラス受講その2

先日の続きです。全員が長距離移動にぐったり疲れたためあっというまに就寝し、気づいたらすでに朝。旅先の緊張もあってか、姉妹もきびきびと起きました。 ホテルの近所に借りていた練習室に移動し、いつもどおりの練習を開始。二女とじじばばは本屋さんにい…

マスタークラス受講その1

学校ではインフルエンザが大流行。冬にはA型でバタバタしたと思っていたら、最近はB型が流行っているそうです。学級閉鎖の話もあちこちで聞きますし、「今日は●●くんがこなかった」「今日から○○ちゃんが学校にきたよ」と出欠席の話題が続きます。 そんな中も…

丸いカラカラするやつ

仕事をしているときにLINEで連絡が入りました。なんでも長女がご不満なのだとか。 「弦を替えたでしょ。E線がカラカラ言うからイヤなんだって」 ??? カラカラ……。はて。

まさかの今更の事実

ときおり変な指使いを当たり前のようにやってのける長女さん。先生は「まあ弾けているからいいけどね。もっと効率のいい指使いあるはずだよ」とおっしゃることが多い。 でもですね、最近とても驚きの事実を知ってしまいました。

「言うことない!」

3月4月と舞台のある長女さんは、もう1年以上弾いているポロネーズをまださらっております。この曲は本当に難しくて、よっぽど心技体のバランスが整っているときでないと、いい演奏はできません。どれかひとつでも欠けていると、必ず崩れるのです。 本当に…

弦を替えると気持ちいい

さあ、舞台も近くなってきたことですし、弦を張り替えましょうかね。我が家で弦の張替え作業は私の仕事です。レッスンがある前にやっておくと、その作業のせいで駒が傾いてしまった場合でもすぐに先生に修正していただけるので、安心して楽器に触れます。 駒…

弾いておきたい曲

長女が自ら「これが弾きたい」と言い出したのは、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲です。どうしても弾いてみたいというので、先生も「難しいよ? 相当難しいよ?」と渋りながらも見てくださったという経緯がありました。 しかしパガニーニのコンチェル…

バッハがお好き

バッハって、向き不向きがあるそうですね。課題として渡されてなかなかうまく弾けず苦手意識を持ってしまった人は、生涯苦手なんだとか。音価はごまかしの利かない数学的な並び、ピアノの右と左の手はバラバラに動き、ヴァイオリンの弦はそれぞれ別の歌手の…

ご挨拶の日

長女と二女にヴァイオリンを初めて教えてくださったお師匠は、常々「ヴァイオリンをキライにならないでほしい」という立ち位置からアドバイスをくださる方でした。我が家は妻がピアノを習っていた経験があり、私がギターを弾いた経験がある、という申し訳程…

私の愚痴

今日はなかば私の愚痴です。 長女の練習に工夫が見られない。 長女の演奏に色がない。 長女の音程がアメーバ。 ほんと、なんとかならないものか!

初パルティータ

長女、ヴァイオリンのレッスンがありました。 スケールはG durの初回です。本人には前回D durを一発で合格したのがとにかく励みになったらしく、今回もそれくらいの勢いで合格できるようにと練習を重ねていました。先生の反応は悪くなく、基本的に「…

勢いと整い

字の整い方というのは見ていて面白い。絵や図で頭のなかに覚えてしまう二女は、とても美しい文字を書くことができる人です。が、書き順がめちゃくちゃです。「中」という字を、まず最初に一筆で四角を書いてから真ん中に棒を通したのを見てしまったときは何…

やめた……わけじゃない

二女は、ヴァイオリンの最後のレッスンを受けたあと、大好きな読書と大好きなお絵かきと大好きなマインクラフトに時間を割いていました。のびのびと、誰に強制されるでもなく。ピアノも「レッスン近いし、少し気合い入れて弾いたら?」というと「うん、わか…

さいごのけじめ

二女、最後のレッスンがありました。

運指の効率が悪い

夜まで練習をがんばり、「そろそろ眠い」と言うのでさっさと寝なさいと追い立てたのですが、「あ、宿題忘れた」とか「計算しないと」とか言ってなかなか寝ません。寝る直前にレオ=レオニのちょっといいお話を聞かされる親ふたり。さあ音読も計算も終わった…

初の1週合格

昨晩のロイヤル・アカデミー音楽白熱教室、ご覧になられましたでしょうか。バッハの時代の演奏形式と教会における音楽の役割、バッハの社会との関わりと意識の変遷、そして最後にバッハは社会の一員としてではなく自分の頭の中だけで鳴る閉じた世界で共有の…

二女の決断

長女の話題が多い本ブログではありますが、二女だって日々を精一杯楽しんでいます。お絵かき、読書、ときおりマインクラフト。ピアノはとても積極的です。バレエも毎週楽しみに通っています。 ですが、ひとつだけ及び腰のものが。そう、ヴァイオリンです。

スケールどこまで終わったかな?

長女、レッスンがありました。 ここのところ、見て頂いている曲をピックアップしていくと、 ・カールフレッシュ1調 ・パガニーニカプリス9番 ・パガニーニコンチェルト ・ヴィエニャフスキ華麗なるポロネーズ という分量になります。途中で止められること…

コンサートのあとに

作曲家の先生のコンサートでヴァイオリンを演奏したのは長女の先生です。ですからその日はコンサートが終わり次第打ち上げなどがあって何事もなく終えられるのかと思っていたのですが……。 作曲家の先生は「もうひとつ本番がありまして」長女の先生は「これか…

指板と駒のあいだ

一度ついた癖というのはなかなか直らない。特に肉体的な運動は。野球のピッチャーがよく「フォームの改造を」と言うのを聞きますが、あれはすごいことですね。今まで一番慣れていて結果を出してきたから今のポジションがあるというのに、それを改造してさら…

ドレスがきたよ!

舞台系おけいこニストだった妻は、姉妹の舞台監督を担う意識が高く、マナーや立ち居振る舞いにとても敏感です。ですので出入りの姿勢や心構え、態度などについてのチェックは入念です。 そんななかでも自分の趣味が完全にゴッチャになっているだろう、とツッ…

舞台がある利点

昨年の長女は11月以外すべて舞台があるという1年でした。応援団である私の父母もさすがに「舞台多すぎない?」と音を上げるくらいのスケジュール。仕方ないでしょ、予選、本選、全国、と進むと最低3回は舞台を踏むのだから。お教室の発表会もあるし、ど…

指弓練習法

最近の長女さんの鼻歌はパガニーニのカプリス9番。なぜか知らないけどオペラみたいな歌い方をします。他の曲でオペラっぽいものはいくらでもあるのに。9番はどちらかというと管楽器っぽい曲なんですけどね。