人生を劇場にしない

ヴァイオリン経験皆無の親が、迷走しながら長女を導く軌跡

長女

満ち潮のようにヒタヒタと

夏休みであることも手伝って、姉妹の練習量が普段よりかなり増えています。そのせいでしょうか、最近ふたりの演奏にはハリとツヤが出てきていて、やはり練習時間と演奏は比例するのだなあ、と思ったものです。 なかでも長女は集中的に「音程」を気にするよう…

プール夏期講習

日本の音楽界に多大なる影響を与えた方がお隠れになりました。少年期の私にとっては「ハウス・ザ・カリー」のCMの人でした。お疲れ様でした。安らかにお休みください。 --------- 姉妹のプール熱を受けてかのように、いいタイミングで始まったのが今年のプー…

違いがわからない

姉妹のプール熱が高騰中です。 何はなくとも「プールに連れて行け」というふたり。ほとんど泳げないくせに、なぜそんなにもプールは行きたいのだろう。ただ、「浮く」方法と「沈む」方法、「息を我慢する方法」を教えたら、とたんにプールが楽しくなったよう…

思い立ってオペラ

どこを見てもスマホをかざして歩いている人たちばかり。楽しそうだからいいのですが、車や自転車には気をつけてほしいもの。スマホを見ながら運転していた人たちが相当数検挙されたというニュースも見ましたが、こういうのは人の親として本当に許せない。親…

記念すべき終了、そしてまた最初から

先日は藝大早期教育プロジェクトのオープンクラスを拝聴してきました。そのことについては後日にでも少し書きたいと思いますが、とても楽しめるクラスでした。 ホワイエで顔見知りの子に「久しぶりー、こんにちはー」なんて声をかけて軽く立ち話をしたあと、…

本当に好き、とは

夏休みに入ったら、まずは身近な目標を。 「学校があるときと同じ時間に起きて活動する」……さて、本当に可能なのでしょうか。子が、というより親が、少し自信がありません。

渡り鳥と、日本海と、音楽記号と

佐渡とも二日でお別れです。宿を出て、大ばあばにもう一度ご挨拶して、船と新幹線に乗り遅れないように時間をきっちりと見ながら行動。空いた時間はお土産を買うことに費やされます。 さて、出発前から姉妹がワクワクして止まらなかったのは何を隠そう「船」…

親戚めぐり

先日も書きましたが、佐渡の地を踏んだ我らは施設で大ばあばと初対面し、長女はヴァイオリンを少し披露してきました。その間ずっと姉妹からせっつかれていたのが、「海に入りたい」ということ。まだ水は冷たいと思うのですが、姉妹は関係なく、「足をパチャ…

親が知る初めての顔

早朝4時半起床。5時半出発。2時間半の新幹線と2時間半のカーフェリーを経て、初めて踏みました、佐渡の地。寝たり食べたり遊んだりの7時間半を過ごして、お昼になっていました。 ご飯を食べたらさあ出発。大ばあばに初めて会いにいきます。

パガニーニの初伴奏あわせ

長女、ヴァイオリンのレッスンがありました。 今回は、初めてパガニーニのコンチェルトに伴奏をつけていただきます。今まで長女の伴奏をしてくださった方々はどなたも本当に素晴らしく、やはりプロは違うなあ、といつも感心してしまうのですが、今回の方もそ…

成長を感じるシーン

旅行代理店に変更を頼もうと電話で連絡したのですが、まったく繋がらず。手続をお願いしたときは「緊急時や質問があるときはこちらにお電話ください」とマーカーで丁寧に電話番号を目立たせてくれたのに、出てくれなきゃ意味がないじゃない。本当の緊急時は…

水に浸けるは何のため

日々日々練習練習で、息抜きは学校、という毎日を送っている姉妹ですが、爆発するような喜びやはしゃぎっぷりを学校のプールに期待してこちらも準備しているのに、ほとんど毎回「中止」になってしまっています。 そこで! 業を煮やした我が家は、公営のプー…

録音できていなかった

録音環境というのはこだわり始めると正直いくらお金があっても足りません。実は娘たちの演奏をよりきれいに録音するために、ビデオカメラのほかに集音マイクを買おうかと本気で悩んだ時期がありました。 しかし買ったとしてもそれを編集できるだけの機材がな…

みずみずしいキレは無かったけれど

長女、ヴァイオリンのレッスンがありました。 先週はパガニーニがようやく俎上に乗るくらいのデキにはなっていたので、今回はそれをもっともっとブラッシュアップする方法を教えていただければと思っています。

ひとりの練習

学校のプールが始まってからというもの、今のところ開催率は3割くらい。天候と水温に左右されるので、ほぼ運任せ。そういえば自分が小学生だったころもなかなかプールに入れない年ってあったなあ。 姉妹とも少しフラストレーションがたまっているでしょうか…

長女、辞書を引く

二女の捻挫を見てもらう整形外科の混みかたが尋常じゃありません。数時間待つことなど当たり前。ということは数時間待つことができる時間のある人しか治療に訪れることはできないのですね。 病院が足りない、と言うより、システムを改善しようとしない側の問…

長女の今の宝物

家族やら、友人やら、知人やら。……最近、周囲でいろいろと騒がしい! いいことももちろんですが、悪いこともたくさん。ここのところ、そういったものが一気に押し寄せてくる感じで、さすがに気づかれしました。 ストレスの最大の原因は人間関係だそうで。

冴えろ、パガニーニ!

長女、ヴァイオリンのレッスンがありました。 前回のレッスンでようやく「戻ってきたね」とスタートラインに立てたパガニーニ。この週はとにかくそのブラッシュアップに時間を割いたので、どこまで評価いただけるかが勝負の分かれ目です。

奥歯を抜きに

通して弾いても聴いていられるくらい、演奏の質が戻ってきました。先週末に先生に「持ち直した」と言っていただけたときより、クオリティはあがっているように思えます。もちろんレッスンを受けてみないと、素人親の耳にはわからなかったミスがたくさんある…

いい音がでない!

長女のヴァイオリンが絶不調です。まったく鳴っていないしフラジオも決まらない。最近、病気をしたばかりだからでしょうか。それとも何か姿勢が崩れてしまっているのでしょうか。 あまりにも成長が見られなくて絶望的になってしまいます。が、そんなときは基…

長女、全快

最近、音楽教育界がめまぐるしく変化していますね。するっと抜け出てすごい子がデビューしたり、海外で大仕事をして有名に成ってくれたりしそうです。 音楽は勉強するものである一方で、ショウを司るエンタテイナーである必要もあります。深窓の天才もいいで…

長女の風邪は……

二女は「長女ちゃんのお休みを先生に伝えるからね!」と使命感に燃えて学校に行きました。本当に元気だなあ。火事場で急にイキイキしだす二女、非常の人(緊急事態で実力を発揮するタイプの意。平賀源内とは別です)かもしれません。 長女は朝一番に近くの病…

ピアノ教室の発表会

NHKのクラシック倶楽部で、佐藤俊介さんがモーツァルトのソナタを弾いていました。バロック楽器でヴィブラートをかけずによくもまああそこまで音に差が出せるものだ、と聞き入ってしまいます。 こういう演奏が主だった頃に作曲された曲だからか、やはり奏法…

発表会前の

ヴァイオリンのレッスン後、帰宅しても元気はつらつな姉妹はおやつを食べたり本を読んだりしながら、翌日の発表会に向けて練習を繰り返していました。 しかし、長女がピアノに向かったときに問題は発覚しました。

特訓の成果いかに

長女、ヴァイオリンのレッスンがありました。 先週もボロボロだったため、親も初心に還りまして、相当な時間と手間をかけて練習メニューを作り上げて日々こなしてきました。自分で練習しやすいように、という工夫を凝らしたのは久しぶりで、7歳直前に、ヴィ…

薬を飲むタイミング

プール開きの季節です。姉妹の学校もプール開きがあったそうなのですが、気温がまったくあがらず結局プールには入れずじまいだったそうで。姉妹とも不満げです。 気温が低いとプールから上がったあとに体温を取り戻せない子が出てくることもあるのでしょう。…

「気づいていない」演奏

長女のヴァイオリン仲間が出演する入賞者披露演奏会の日取りが決まったり、自身の伴奏あわせの日どりが決まったりと、夏の活動に向けて少しずつ予定が決まってきました。親だけはピリピリすまい、どーんと構えて子の暴れっぷりを受け止めてやらねば、と心で…

ひと安心のレッスン

めまぐるしく天気が変わる季節。体調管理を怠るとあっというまにのどが痛くなったり熱が出たりしますね。長女も若干のどが痛いみたいで、あわてて病院へ。 特に大きな病気でもありませんでしたが、ひとまず抗炎症剤をもらって帰宅。今週は風邪をひいていられ…

音痴を直すには

一日中、長女のレッスンの音源を切り貼りしていると、音楽的指導と技術的指導に大別されることがわかります。そもそもテクニックが育っていないと音楽的な指導は入りませんので、そういう意味では現在向き合っている曲がどれくらいの進度にいるのか、という…

親の初心還り

長女、ヴァイオリンのレッスンがありました。 相変わらずカールフレッシュから。もう、esやらisやらついて、何の調だか私も把握していません。でも持っていけば必ず毎週合格をいただけるようにはなりましたので、あと1~2ヶ月で1周し終えると思います。こ…