読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を劇場にしない

ヴァイオリン経験皆無の親が、迷走しながら長女を導く軌跡

意外と難しいロングトーン

あれから、毎朝15分ほどヴァイオリンに触れています。こんにちは。

同じ速度で弓を滑らせる「ロングトーン」、やってみると本当に難しいですね。でもめげずに毎日1stポジションのG-durをゆっくり弾いています。

ヴァイオリンを弾いたことが無い人には「同じ音量で長く弾くことの、どこが難しいんだ」とお思いでしょう。

ところがどっこい、これはなかなか筋肉がいるのです。ポイントは「同じ音量」。

弓の速度を自在に操れるだけの筋肉が無いと、ぶるぶる弓が震えたり、雑音が混じったり、途切れ途切れになったりします。特にヴァイオリンは骨伝導で直に音が響きますから、ちょっとした揺れでも自分でわかってしまいます。

娘たちも苦手なようなので、一緒に練習したいな。




ブログランキング・にほんブログ村へ 

↑クリックくださると励みになります。