読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を劇場にしない

ヴァイオリン経験皆無の親が、迷走しながら長女を導く軌跡

姉妹放牧

長女 二女 ひとりごと

年始の家族の行事として、祖父母や私の兄弟と集まる催しがあるのですが、その会では少し親の負担が減ります。弟夫婦が姉妹を構ってくれるから。

 

構って構ってとうるさい姉妹のパワーが全部若い夫婦に行くので、ぼけーっとしていられるのです。

 

ご飯をたべてお茶を飲んで。

 

外を走り回っている姉妹と追いかけられている弟を眺めながら飲む珈琲は最高です。

 

これでも長女はスケール4調、二女はピアノのウォームアップをしてから来ているんですけどね。子のパワーっていうのは少しくらいの練習にはへこたれないのかな。それともめったに遊べないから残り少ないパワーを使い切るまで消費するのかな。

 

帰りの電車の中で爆睡していたふたりをみると、どうやら後者のようです。

 

家に帰って真っ先にしたことはお昼寝
正直なところ家族全員が疲れて寝てしまいました……

 

ではまた。