読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を劇場にしない

ヴァイオリン経験皆無の親が、迷走しながら長女を導く軌跡

二女ちゃんの人気

長女の今年の活動をどうするか、なんとなく漠然とは決まっているのですが、細かいツメをまったく家族で話し合えていません。目の前にある舞台を乗り切ること、弾いておくべき曲をさらうこと、今の曲を仕上げること、もうやることだらけで目が回ります。学校以外でほとんど遊べていないのではないでしょうか。

 

ではそのとき二女は何をしているのか。

 

実は彼女は今、発表会のために毎週末を長時間バレエに費やしています。土日にある臨時レッスンは私もよく送り迎えするのですが、まったく嫌がらずに、それどころか心から楽しみにして出かけていきます。

 

そもそもフリフリやかわいい髪飾り、お姫様ドレスなどが大好きで大好きで仕方ない二女のこと。その姿で踊れるというだけでも恍惚感に満ちるのでしょう。多少嫌なことがあろうと、まったく気にせずにがんばっています。

 

そんな彼女を後押ししてくれているのは、実は同門下のおちびちゃんたち。なぜかは私も知らないのですが、二女のちびちゃん人気は凄まじく、いつも帰りに迎えに行くと「二女ちゃんのパパだ! 二女ちゃーーーんまたねーーーばいばーーーい」と3人くらいの子たちに姿が見えなくなるまで手を振られます。

 

同年齢のほかの子がいないので寂しくないだろうかとか、お姉さんばかりで気を遣うのじゃないかとか、いろいろと心配していたのですが、本人はケロッとしています。不思議な子だ。

 

家では何もしないくせに、おちびちゃんの面倒見は抜群にいいそうな
そんななか、長女はずーっと練習しています。それはそれですごい

 

ではまた。