読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を劇場にしない

ヴァイオリン経験皆無の親が、迷走しながら長女を導く軌跡

緊急事態宣言

長女 習い事 ヴァイオリン

長女、ヴァイオリンのレッスンがありました。

 

いつものようにスケールから。今週も1調合格! 最近は家の練習でだいたい「これは合格するな」とか「これはちょっと怪しいぞ」というのがわかるようになってきました。さあ残りは8調。終わったらまた最初から1周かなあ。

 

さて、問題のパガニーニなのですが。

 

結論から言うとズタボロでした。先週とまったく同じ。「音程悪いよー」「そこ、何にも感じない」……初めてご披露したときは「うん、なかなかいいや」とおっしゃっていただいていたのに、突然ダメ出しが増えてきました。先生の要求レベルが上がった、のではありません。なぜなら「うーん、ちょっと違う方向に行っちゃってるな。頑張って元に戻して」と言われたから。

 

「ブルッフはしばらく中止。バッハは時間があったら。とにかくパガニーニを元に戻そう」と緊急事態宣言されました。

 

そうかな、そんなに弾けていないかな、と思ったものの、後で録音を聴き返してみると、確かに「それっぽく弾いている」だけになっている。その後先生にご指導いただき、弾きなおした演奏は確かに良くなっている。

 

うーん、未経験の親だと、こういう部分、ちゃんと見てやれないなあ。

 

苦難の日々がはじまりました。

 

未経験の親というのはこういうところで弱いですね
子の精神を並行して育てるつもりでないと今後ついていけなさそう

 

ではまた。