読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を劇場にしない

ヴァイオリン経験皆無の親が、迷走しながら長女を導く軌跡

ちょっとホッとした

長女、ヴァイオリンのレッスンがありました。

 

先週、パガニーニに相当ダメ出しをされたので、今週は頑張って元の気持ちに戻るように練習を重ねてきました。テンポ、そして乱れた音程の部分も重ねて練習。さて、どんな結果になるでしょうか。

 

スケールはまた1調合格。ここのところスケールについては安心感があります。もちろん東京藝術大学付属高校の入試に合格できるレベルかと聞かれると疑問符は残りますが、それでも音程を整えてテンポよく最後まで弾ききることができるようになったのは、一年前から考えると信じられないくらいの進歩です。

 

さて、スケールまで弾けたところでいきなりパガニーニ。先週から「バッハは時間があったらね。パガニーニを集中的にやりましょう」と言われたのです。ある程度弾いたところで先生が

 

「うん、今日はなかなかいいや」

 

両親してホッとしました。とはいえ甘い判定が下ったわけではなく、すべてのレッスンが終わったあとに「でもまだ人前で弾いちゃダメだね。もっとやらなきゃいけないことがたくさんある」と釘を刺すことも忘れなかった。

 

なかなか手厳しいです。

 

課題山積。本当にこの一言に尽きます
初期から比べると相当良くなっているとは思うのですが、親の欲目ですね

 

ではまた。