人生を劇場にしない

ヴァイオリン経験皆無の親が、迷走しながら長女を導く軌跡

ピアノ

ピアノのコンクール予選

二女のピアノコンクールの予選がありました。全国から山ほど上手い子たちが集まるコンクールですので、予選会場の場所も回数も桁違いに多い。そのなかでも我が家からそれほど離れていない会場を選び、二女の体力温存を狙いました。 曲目はクレメンティのソナ…

二女、コンクール前日

長女、ヴァイオリンの伴奏あわせがありました。……が。今回私は同行せず。なぜならば……。翌日に二女のピアノのコンクールが待ち受けているからです! さ、練習練習! ピアノのレッスンは平日に行われます。そうなると私は見ることが出来ないため、どうしても…

ピアノの音程が高いんじゃない?

長女がヴァイオリンのレッスンで「音程高いよ~」と言われるのは最近定番になりつつあるのですが(いや定番になっちゃ困るんですけどね)、先生が帰り際に「もしかして、いつも弾いているピアノの音程が高いってことはありませんか?」とおっしゃいました。 …

拍を分解する

二女がピアノの練習でなにかひとつ掴んだようです。 クレメンティ36-2は一部、突然テンポが倍になったような演奏が入るところがあります。ここの右手と左手がボロボロでどうしたものかと頭を悩ませていたのですが、トリルをおおざっぱに教えずに、一度音…

暑さにやられる

姉妹ともにピアノのレッスンがありました。長女はそつなくこなしたようなのですが、二女は熱波にやられたのかフラフラだった模様。「ほかの子もみんなそうだから」と先生は笑っていたそうですが、とはいえ「そうですかーあははー」とも言えず。身体がまだ小…

夏のはじまり

姉妹ともに夏休みですから、日課の勉強と息抜きと、大量のピアノにヴァイオリンという日々がやってきました。 二女は指の回らない箇所、速く弾かなければならない箇所を整えるのに必死。長女は全体的にいろいろと必死。練習しても練習しても練習しても弾ける…

属七ってなんだっけ

仲良くしていただいている方のブログに、ドロシー・ディレイの「Teaching Genius」(邦題・天才を育てる)についての記事が書かれていたので興味を持ち、妻に「この本買っていい?」と聞くと、 「持ってるよ。何年も前から私の愛読書だよ。読んだほうがいい…

エントリー完了

姉妹ともにコンクールのエントリー完了いたしました。あーあ、申し込んじゃった。もうやるしかない。長女はこれで三回目ですからなれたものですが、問題は二女。やる気があるのかないのか本当にわかりづらい人で、どうしたものかと毎回頭がいたい。 ちょっと…

進撃の二女

「今日は長女ちゃんが寝ているから遊ぶのはナシね」と言い聞かせたにもかかわらず、風邪で寝ている長女の部屋にお友達を入れる二女の傍若無人っぷりが止まりません。どんなに城壁を高くしても迫りくる二女。絶望しか覚えない。 そんな二女さん、ピアノでも進…

長女、ソルフェのクラス替え

藝大、桐朋、東京音大と、生徒の囲い込み合戦が熾烈化してきましたね。それぞれカラーがあって面白いです。が、海外留学生の誘致ができるくらいに文化として育って欲しいなあ、なんてことも少し思う昨今。英国王立音楽院、パリ国立高等音楽院、ジュリアード…

二女の予選曲決定

姉妹のピアノレッスンがありました! ◆二女 常に弾いていなければならないソナチネ曲がけっこうな数あります。 ・クレメンティのソナチネ ・ジェルジのソナチネ ・ディアベリのソナチネ 今季はじめてコンクールに参加するために、たくさんの曲をためておかな…

エチュードの必要性は?

姉妹ともにピアノのレッスンがありました。相変わらずピアノは絶好調で、ふたりとも練習の成果を評価いただき、どんどん先に進んでいます。二女は特にピアノの先生がたくさん褒めてくれることもあって、嬉しくて仕方ないみたい。 実は家でも「はい、じゃピア…

合格たくさん

姉妹ともにピアノのレッスンがありました。発表会直後だったのにちゃんと練習していったからでしょうか、先生もご満悦でどんどん合格を出してくださいました。 二女さん、ジェルジのソナチネ1、3楽章、クレメンティソナチネ1、3楽章ひとまず合格。週に2回く…

ピアノの発表会!

この日が来てしまいました。この日が。こんなにも(主に私の心の)準備不足を感じてしまう発表会ははじめてです。今まではもう少し気合を入れて練習していたような気がするし、もう少し気楽に参加していた気がします。 姉妹のお友だちがたくさんお越しくださ…

調律ピアノに群がる娘たち

長女がヴィエニャフスキの『華麗なるポロネーズ』を弾くことになったときから、「ピアノの調律をしておかないと」と話しておりました。伴奏の先生と家で合わせる可能性が出てきたからです。小さなグランドピアノが部屋に入ったのが2月の終わり。もちろんその…

発表会前なんですけど

長女さん、二女さん、なんか緊張感が感じられませんが、あなたたち来週には発表会を目前に控えているんですよ!? ピアノの発表曲はちゃんとやってる? ヴァイオリンもちゃんと仕上げてる? プログラムがあがってきて急に親のほうが慌てだす始末。この空気、…

音楽合宿!

ピアノの先生がなんともイキな計らいをしてくださいました! お休みなのを利用して、一日中レッスンプロジェクト! 朝10時に家族で先生のお宅にうかがいます。 まずは長女のほかの生徒さんと合同のソルフェージュ。 続いて二女のピアノレッスン。 みんなで…

ピアノに感じる頭打ち感

最近は長女のヴァイオリンの話がメインになっていたので「ほかには何もやってないんじゃないかこの家族」と思われていそうですが、何をおっしゃいますか!……そのとおりです。ごめんなさい。 ヴァイオリンは当然ですが、ピアノだって彼女たちにとっては大切な…

上げるスタッカートと引くスタッカート

録画していたNHK音楽館のヒラリー・ハーン演奏のブラームスを聴きました。とんでもない人ですね。一音一音が明瞭に聴こえる研ぎ澄まされたテクニックと、オーケストラを巻き込んだ舞台づくりと、そのどちらかに秀でるだけでも大変なのに、両方とも一流の…

フランス生まれの新教本投入

先日、当ブログに「スマホで読んでいると、よくわからないファイルがダウンロードされる」とクレームがつきました。「何を言っているのかわからないのだが……」と返事をしたところ「即座に修正を求む! 個人情報の搾取だ!」とクレーマーの様相を呈してきたの…

二女が頭角を顕す日

姉妹そろってピアノのレッスンがありました。長女はずーっとヴァイオリンにかかりっきりだったため、そこまで練習量をこなせていません。逆に二女は長女がレッスンに向かっている時間にピアノを弾いていたため、かなり弾いてきました。 その差が如実に現れま…

ぶっつづけレッスン

ピアノのお教室にて長女さん最初の一時間は共同ソルフェージュレッスン。そのあと一時間、個別に聴音レッスンがありました。 新曲の視唱はだいぶ出来ているので、あとは聴音の書き取りテクニックに慣れることが課題とか。どうしても付点が連続すると小節内に…

春休みの過ごし方

姉妹とも春休みなので、一日をフルに活用できる貴重な時期になりました。夏休みを筆頭に長期休暇というのは練習にも勉強にもほんとうにもってこいですね。自分たちでスケジュールを立てられるというのが何よりもいい。 特に午前中にスケールをはじめとしたエ…

ピアノデイズ

姉妹のピアノレッスンがありました。今にも泣き出しそうな天気の中。雨の移動は幼い子がふたりいるといつも大変そうです。 ●二女 トンプソンの一曲 手品師(ギロック) バラード(ブルグミュラー) 合格! ソナチネ、三楽章も譜読みしてくるようにとの指示を…

ピアノ調律

やっと、やっと、グランドピアノに調律がほどこされました! 調律師の方の見解によると、部品が少ししけっているのと、低音がこもりがちなのが難点だけど、ハンマーは磨り減っていないし弦もさびていないし、問題ないということでした。特に樹の材質がいいの…

グランドピアノにまつわるあれこれ

グランドピアノが来てからというもの、子どもたちのピアノに向かう姿勢が違います。自分からふたを開いて椅子に座ってる! うそみたい! ……しかし長女は15分ほど弾いたら土気色の顔をしてリビングに戻ってきました。 「音程があってないし、すっごく低くて…

グランドピアノがきたよ!

とうとう我が家にきました、グランドピアノ! でっかいクレーンに吊られながら、狭いへやにギチギチに詰まった小さな子。妻は小さいころグランドピアノがほしかったという思いが強かったせいか、半ば涙ぐんでいました。こんな場ではございますが、お譲りくだ…

ピアノの進度と発表会

姉妹ともにピアノのレッスンがありました。私はピアノに関しては進度がわかりません。音が近所に迷惑になりやすいため、防音室の無い我が家は当たり前ですが夜になると練習できない。昼間は私は仕事をしている。だから練習の様子をあまり知らない。という三…

ピアノはなぜ好調なのか

長女も二女もピアノはとても好調です。特に二女は何をどう弾けばいいのか、そしてどう練習すればうまくなるのかをなんとなくわかっている様子で、ヴァイオリンに比べればかなり自主的に特訓します。 さて、そんなふたりのピアノのレッスンですが。 二女さん…

作曲ははずかしい?

長女さんはソルフェージュのレッスンに通っています。ピアノの先生がご専門とされているので、比較的早いタイミングで、のんびりとレッスンしていただくようになりました。簡単な楽譜を初見で弾いたり、拍を手拍子したりと、ちょっと難しいリトミックみたい…

電子ピアノ買取価格

はい、静かに。静かに。はい注目。 先生、これからとても大事なことを言います。いいですか。とても大事なことを言いますよ。 「電子ピアノの買取は、複数の業者に当たること」 誰ですか「当たり前だろ」って言った人。引越し前や新しいピアノの搬入日が決ま…

F1GP!

はい、もうタイトルで遊んでいることがバレバレですね。F1GPの読み方は「えふわんぐらんぷり」ではありません。 「ふ」ところが「1」番痛まない「グ」ランド「ピ」アノの入手法 です。 なんと! 心ある方から格安で譲っていただけることが決定いたしましたー…

ほんと調子いいねピアノ

姉妹そろってピアノのレッスンに行ってまいりました。 二女はカバレフスキーの「道化師」「ノヴェレッタ」ともに合格をいただき、新曲をいただく快進撃。おかげでまたもや新曲の譜読みでいっぱいに。次のレッスンまで2週間あるので、可能なところまで仕上げ…

妻、グランド熱冷めやらず

このところずっと妻が「グランドピアノがほしい」とうるさい。 理由はあるのです。二女が少しでも真剣にピアノに取り組むのだとすれば、グランドピアノのタッチで練習するべきなのです。それはピアノに理解のなかった私ですら、今では認める一事です。 もと…

姉妹ともピアノは順調

姉妹二人ともピアノのレッスンがありました。成果はこんな感じ。 ■二女 トンプソン→余裕で合格。新曲をもらう ブルグミュラー→パストラル仕上げ カバレフスキー→道化師、和音の間違いを修正、仕上げに ノヴェレッタ、次回スラスラ弾けるところまで ■長女 ト…

指のもつれと場数

楽器を弾いたことのある方ならわかると思いますが、突然あるフレーズが弾けなくなることがありますよね。今までなんの気なしに弾けていたフレーズが、なぜかトチる。つっかかる。指が絡まる。特に本番前だったりすると本気で焦ってきます。 こんなときはゆっ…

ピアノの進歩と悩み

長女さんがヴァイオリンにかまけている間に、二女さんはピアノを大特訓していました。「カバレフスキーだけだと手持ちぶさたなので」と妻が懇願しブルグミュラーから1曲出してもらっていたのですが、それでも飽き足らずもう1曲を勝手に仕上げていき、その…

簡単? いや難しいはずだよ?

長女、ディアベルリのソナチネOp.151-1 第1楽章を練習中。 ディアベリ ソナチネ Op.151-1 第1楽章 - YouTube 楽譜を見た瞬間に、これは私は弾けないなと思いました。というのも、左手で三連符、右手で付点八分音符+16分音符の組みあわせが苦手だから。どう…

道化師

二女のピアノがより進んでおります。黄色いカバさんとの相性がいいらしく、どんどん合格をもらえている。そして昨年末、とうとう聞いたことのあるタイトルが与えられました。 道化師 (カバレフスキー) 道化師 (カバレフスキー) - YouTube コンクールでも…

冬休み突入

娘たちも含め家族全員が冬休みに入りました。練習三昧の日々を過ごしております。とはいえ千住真理子さんのように一日14時間などといった「がむしゃら」さには程遠いですが、一定以上の練習は必ずこなしております。 まったく遊んでいないのかというとそん…

発表会直後にも関わらず

姉妹とも練習に関しては本当によくやります。もちろんまだ自分からヴァイオリンケースやピアノのふたを開けることはありませんが、「練習しようねー」と言うと、日によっては喜んで楽器に向かいます。 そのおかげか、ピアノの発表会からまだ日が浅いというの…

成果と課題

発表会でした! この日のために娘たちは何度涙を流したことか! どんなに小さかろうと、舞台は舞台。ここに向けて仕上げていくという経験は本当に何事にも替え難いものなのです。 二女は『人形の夢と目覚め』をなんとか最後まで弾ききりました。演出面で指示…

音が低いときはどうするの

先日の記事の続きになりますが、同日、長女さんもピアノレッスンがありました。ただ、先日ピアノの発表会で弾く『プレリュードとアレグロ』の伴奏あわせにてこずりましたので、ピアノのレッスンの時間を若干割いていただき、再度伴奏あわせをいたしました。 …

親子の寒暖差

二女さん、ピアノ発表会の曲を仕上げにかかりますよ! ピアノの先生に「ほぼ仕上がっているね」とお褒めいただきつつ、細かいところの最終調整に入っています。スタッカートのツブを揃えたり、テンポキープだったり、和音の音量だったり。何度も何度も繰り返…

ピアノ、死角なし!?

長女と二女、ピアノのレッスンがありました。発表会も目前。そろそろ細かい仕上げに入らなければなりません。 なぜかピアノの先生、少し入れ込んでおりまして「長女ちゃん、もっと仕上げたいから、もう一回レッスンしよう!」と存外のお言葉をいただきまして…

二女さんやる気だね!

最近まで何がしたいのかよくわからない人だった二女さん。ここ最近は楽器演奏にとてもやる気を見せているようで、何をやらせても前向きです。 ピアノ。黄色いカバさん(カバレフスキー)をどんどん譜読みしては合格をもらっているので、次々と新曲を弾いてい…

『エリーゼのために』の難易度

長女が年末の発表会で弾くピアノ曲は『エリーゼのために』です。先生もまたとんでもなく難しい曲を与えてくださいました。でも今の長女にはぴったりかもしれません。 先日ピアノのレッスンがありまして、演奏自体はミスタッチだらけだったそうです。レッスン…

躍進二女・眠り姫長女

姉妹ともにピアノのレッスンがありました。二女の現在の目標は、「最後までトチらずに弾ききる責任感を持つこと」、長女の目標は、「エリーゼのために」を曲として完成させること。二女はたっぷり睡眠時間をとっているのですが、最近学芸会の練習で忙しい長…

二女コンクール話

長女のソルフェージュのあとに、実は二女のコンクール出場についてお話をすることになっていました。とはいえ、まだ一年後の話。今の段階でどんなことを聞いておけばいいのか、ずいぶん前から準備をしていたのですが、直接先生とお話してみるとそこまで重く…

ソルフェといっしょに言葉まで

はじめて長女のソルフェージュレッスンを見学しました。二女さんはまだ本格的なソルフェージュはやっていません。まずはト音記号とヘ音記号をごっちゃにせずに音符を読めるようになったらです。拍たたきなんかは別教材で簡単にやっていただいているので、き…